株式会社アキボウ

AKIBO GALLERY

アキボウの歴史

第3章 競争の時代

浅田 適也

生年月日
1917(大正6)年9月27日
出身地
東京都(小石川区)
最終学歴
法政大学経済学部卒業
入社年月日
1946(昭和21)年2月
役員履歴
1964(昭和39)年5月30日 取締役
1975(昭和50)年5月30日 代表取締役専務
1977(昭和52)年6月29日 代表取締役社長
1989(平成元)年6月30日 代表取締役社長退任

1977(昭和52)年6月、浅田適也代表取締役専務が、平田鋭之の跡を継いで第3代社長に就任した。浅田は、入社後すぐ東京出張所所長として、本社へ転勤後は営業部長として会社発展に貢献した。

従来のアジア各国に加えて、1970年代後半期を支えたのは、高品質の日本製品を求める欧米の大口顧客であった。そのうちの一社がアメリカのROCKY社である。1978年、韓国および台湾製モーターサイクル部品の買付のため、ROCKY社と合弁で台北に事務所(RAC社)を開いた。

1980年、前年からの円安傾向と諸外国とのインフレ格差によって、日本の輸出は30%近い伸びを示し、当社の総売上も前期比38%増で史上最高の133億円を記録した。以後この記録が破られることはなく、1980年代、輸出業界は非常に厳しい環境に直面することになった。

為替相場は1980年初期に米ドルの多少の反発はあったものの、その後は一貫して円高傾向で推移した。この時期、取り扱いの主流となっていたのは、海外の自転車メーカーへのOEM(相手先ブランド製造)組み付け部品であった。部品生産工場は数社の寡占状態で、納期の遅延や荷物の不揃い、客先からのキャンセルなどの問題が生じて予期しない費用がかかり、収益を圧迫した。また、韓国、台湾、中国、メキシコなどNIES(新興工業経済地域)製品の市場への進出がますます増加し、かつてイギリス、ヨーロッパを追った日本が新興工業経済地域に追われる立場となった。円高も大きな要因となって日本の部品メーカーの競争力は低下、売上は下降線をたどった。従来の東南アジア、中近東、アフリカ、中南米への輸出は大幅に減少し、代わってアメリカ、欧州、台湾(欧米向け自転車組み付け用)部品が上位を占めるに至った。

1985 年のプラザ合意を契機に、1980 年代後半以降さらに急激な円高が進行した。世界的な不況の中で、D/A(後払い契約)が慣習の中南米向け船積み分の決済遅延が大きな問題となっていた。その他、インドネシア、ナイジェリア、カナダなどの売掛金回収の遅れも、資金運用の悪化を招いた。輸出業者にとって厳しい環境の下、当社は、先進国向けに一層重点を移すこと、また輸入および三国間取引(仲介貿易)の増加を図ることを営業方針とした。1980年代後半には、台湾をはじめとする新興工業経済地域との競合により、日本からのアメリカ向け自転車の輸出も激減した。

社内組織の集約化と経費の節減にも努め、1979年にコンピューターを導入、種々の事務の合理化・省力化を図った。収益の恒常的悪化と、コンピューター化により余剰人員ができたことから、1986年12月、希望退職者を募集し11名の人員削減に踏み切った。欧米市場での競争が激しさを増すなか、事業の重点を国内営業に転換し多角化を図るため、1988年10月、社名を「株式会社アキボウ」に変更した。また、余剰部分が増えた本社ビルと老朽化してきた木造倉庫を売却し、売却代金を新事業の資金に充てるとともに、国内取引により便利な地に事務所と倉庫を新築することを決定した。

厳しい経済環境の中、浅田は、1980年には自転車輸出組合理事長に就任、当社だけでなく業界発展に尽力した。当社の社長として奮闘を続けてきた浅田は、1989年6月定年退任した。

西ドイツ・ケルンで行われたIFMA見本市用の当社カタログ(1976年)

インターネットが普及していなかった時代、新規取引先を見つける有効な方法の一つが、展示会への出展だった。当社は、1960年代半ばから本格的に進出したヨーロッパにおいて積極的に展示会に出展した。IFMA、Milan Show、Frankfurt Auto Showが主で、当時共産圏の東ドイツのライプチヒショーにまで出展した。カタログの配布も行い、各国の有力バイヤーの獲得に大きく貢献した。

オランダ・フレヴォラント州アルメレのBUZAGLO社の新本社倉庫(2010年)

オランダのBUZAGLO社との取引は1960年代半ばに始まった。自転車のほかモーターサイクルや自動車部品などに拡大、1976年の取引額は6億円を超え、当社のNO.1バイヤーとなった。しかしCommission Agent方式は時代に合わなくなり、BUZAGLO社は輸入卸商社に転換、当社との取引も終了した。2010年には新事務所兼倉庫を新設、いまや押しも押されもせぬ大手となり、隆盛を誇っている。

西ドイツ・ケルンのIFMA見本市での当社ブース(1981年)

1980年代の欧米先進国の景気は厳しい情勢にあり、中近東、中米やイギリス・アルゼンチン間の紛争など政治的に不安定な状況がどのように事業に波及するのかも不透明であった。1980年に初参加したミラノ見本市に続き1981年は西ドイツのケルン見本市にも出展した。ケルン見本市は、世界中からサプライヤーやバイヤー、業界の関係者が集う国際見本市である。ここでの出展は世界に向けて情報を発信し、有益な効果が期待できた。

  • “AKIBO”ブランド統一ロゴマーク(1984年)

    ADVANCE(前進)、 KNOWLEDGE(知識)、 INNOVATION (革新)、BASIS(基本)、 ORGANIZATION (組織)の頭文字をとった“AKIBO”を統一代表ブランドとし、ブランドロゴマークを紙箱、ヘッダー、製品に記載していった。“AKIBO”ブランドは次第に認知され、1988年には事業の多角化を図るとともにブランド名を社名とするべく、株式会社アキボウに商号を変更した。

  • 北米事務所倉庫(1985年)

    ヨーロッパ市場の開拓が一段落したことで、1983年に欧州事務所が閉鎖され、その戦力を北米市場へと転換することとした。1985年8月、アメリカ・カリフォルニア州に北米事務所を開設。現地販売も試行するなど新規事業の開拓に取り組んだ。1988年、アメリカが対日貿易赤字の解消に包括貿易・競争力強化法を成立させた影響もあり、同年には北米駐在と現地売り事業の停止が決定した。

「株式会社アキボウ」誕生、新社訓制定(1988年)

1988年10月、海外市場での競争が激化するなか、当社は事業の重点を国内営業に転換して多角化を図るため、社名を「亜細亜機械貿易株式会社」から「株式会社アキボウ(AKIBO CORPORATION)」に変更。社名変更と同時に新社訓も制定した。新社訓は、若い活力と柔軟な思考をもって時代に挑戦し続けるとともに、ワールドワイドな流通を通じて社会に貢献することを謳っている。

第4章 改革の時代1989-2000

Copyright (C) AKIBO corportion. All rights reserved.