株式会社アキボウ

AKIBO GALLERY

アキボウの歴史

第1章 開拓の時代

荘司 茂樹

生年月日
1899年(明治32年)5月23日
出身地
兵庫県(神戸市)
最終学歴
LAベンジャミン・フランクリン・ハイスクール卒業
入社年月日
1944年(昭和19年)4月19日
役員履歴
1944年(昭和19年)4月19日 代表取締役社長
1963年(昭和38年)11月17日 代表取締役社長死亡退任

株式会社アキボウの前身は、1944年(昭和19)年4月19日に設立された亜細亜自転車交易株式会社である。わが国では、太平洋戦争の始まりとともに経済統制が強化、1941年8月の重要産業団体令に続いて、1942年5月に公布された企業整備令によって中小企業の整理統合が進められていた。同社は1944年4月の交易業整備要綱令により、荘司茂樹が率いる東方貿易株式会社を中核として同業の4社を統合し、設立された自転車輸出統合会社であった。資本金は20万円、大阪市西区南安治川通1丁目の民家1階に事務所を設けた。荘司が社長に就任し、役員は各社から2名ずつ選出した。

1945年8月15日、太平洋戦争が終結し、立法・行政・司法のすべてがGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の管理下に置かれることとなった。当社もGHQの管理のもと、10名足らずの人員で、わずかに貿易公団管理の政府間契約の輸出の実務代行者として少額の生産手配や積出を行ったが、それ以外に特筆すべき業績はなかった。しかし、いずれ開かれる民間貿易に備えて、体制を整え、機会をうかがっていた。実務代行を辞退する会社もあったが、当社は積極的に代行を引き受けて実績を挙げ、結果としてメーカーの信用も得ていったのである。

1948年5月、民間貿易の自由化とともに統合体を解体、当社は亜細亜自転車貿易株式会社として再スタートした。同年夏には、大阪市福島区(現・北区)堂島浜通4丁目に土地と建物を購入、12月23日新事務所に移転した。その際、資本金を1,000万円に増資した。株主は65名、ほとんどが自転車関連取引先メーカーで、当社はその輸出を代行した。1949年12月には事務所裏の堂島川沿いに倉庫を建設した。

民間貿易再開後、まず1948年末にインド向けの大量の注文に恵まれた。このインド向けの船積みが開拓期の当社の基盤を固めるものとなった。当時の主な輸出先はアジア、中近東、アフリカ、中南米の後進諸国であった。バイヤーは年々増加した。中でも重要な市場は、台湾、インドネシア、タイ、東アフリカであった。これらの地域はイギリスを主とする欧州製品に市場を制圧されていたが、次第に日本製品の品質が認められ、受け入れられるようになった。1950年6月、朝鮮戦争勃発。原材料価格は高騰したが景気が刺激され、当社の業績にも好結果をもたらした。1951年8月、資本金を倍額増資して2,000万円とした。

1953年6月、取り扱い品目が増えたことから、社名を亜細亜機械貿易株式会社に変更した。機械関係の重要市場である台湾・台北に連絡事務所を開設、1956年9月には機械課を新設した。続いて、1958年4月、自動車課を開設、品目ごとに専門の部署がそれぞれ担当することとした。

1950年代後半よりアメリカや北欧、オーストラリアの市場の開拓に力を入れた。順調に回復してきた世界景気の波に乗り、日本経済は各分野において戦後最大のめざましい拡大発展を遂げ、輸出も著しく伸展した。当社の業績も好調に推移し、1959年11月、社屋と倉庫の増築に着工、翌年4月中旬に完成した。1962年4月、モーターサイクル関連の需要に対応し、独立の軽車両課を創設した。

当社は設立以来、荘司社長の強力な指導力によって発展、業界のリーダーとしての基礎を固め、1963年に輸出貢献企業の認定を受けた。次の課題は欧州進出であったが、荘司社長は同年11月17日、現役のまま64歳で急死した。だが、20年にわたって築かれた開拓の成果とその地盤は、初代社長の大きな遺産であり、次の時代に引き継がれることになる。

太平洋戦争当時の当社の海外拠点と駐在員(1944年頃)

太平洋戦争時、亜細亜自転車交易は、日本軍が定めた南方占領地の担当地域への集荷・積出の権利を、ビルマ(現・ミャンマー)、セレベス(現・インドネシア・スラウェシ島)で獲得していた。またフランス領インドシナ(現・ベトナム)の日綿にも駐在、こうした海外拠点は、前身の東方貿易時代に海外進出を果たしていたことによる。本社と連携し現地の輸入計画や配給計画を作成、軍の要望に応じていたが、戦争末期の物資不足のため、業務は次第に減少していった。

大阪市福島区堂島浜通に本店事務所を移転(1948年)

1948年夏、大阪市福島区堂島浜通4丁目21番地に土地309坪と自動車修理工場を購入。同年12月23日、大阪市西区南安治川通の仮住まいから、本店事務所を移転した。小林建築技師の設計で工場建物を新事務所に改築、1階は事務所、2階は社長室、会議室、書庫となった。机、椅子、什器類すべてを最新のもので揃えた明るく広々とした事務所で、総勢25人の社員が輸出業務を精力的にこなした。

  • インド代理店向け大量契約関係書類(一部)
    (1949年頃)

    戦後、インド市場が活況を呈したが、民間貿易開始直後で政府の管理も厳しく、書類手続きが煩雑な上、所轄官庁への申請はすべて東京で行われた。東京出張所では、本社からの申請書類への追加補正作業に追われた。特にMCL(Material Calculation List)では、商工省の品目別に分かれている担当官の承認印を貰うため書類を持ち回りし、最後に工場ごとに割当証を取得しなければならなかった。

  • 当時、社員が使用していたパスポート
    (1940~50年代)

    戦後民間貿易が再開された直後の1940~50年代、海外旅行は厳しく管理・規制されていた。パスポートは一次有効のみで、その都度パスポートの申請や外貨割当の申請が必要だった。入国ビザを取得する際、国によっては在日領事館もなく本国照会となり、複数の国に行く場合は事前の手続きに3、4カ月もかかることあった。海外出張では2、3カ月かけて各地をまわり、取引先の開拓や受注交渉を行った。

  • JBG初版(1951年)

  • 当時輸出していた登録完成自転車のヘッドマーク
    (1951年頃)

    1950年6月に勃発した朝鮮戦争により原材料価格が高騰したが、自転車産業で最大の競争相手であるイギリス製品が供給不足となったことなどから、日本製品に対する需要が増加し、インドネシア、台湾、アフリカ他、海外市場からの引き合い注文が急増した。パーツだけでなく完成自転車の輸出も増加、当社が登録していたヘッドマークつきの完成自転車は華々しく海外を駆けた。

1950年代に出荷されていたミシン(1955年頃)

1953年6月、社名を亜細亜自転車貿易株式会社から亜細亜機械貿易株式会社に変更した。自転車専業から取扱品目を機械金属類に拡張しており、それに対応するためである。翌年には機械関係の専門部門を設置し自動車関係、モーターサイクル関係の取り扱いを開始した。ミシンは1953年に中南米への輸出が急増、同じ頃、有望市場として開拓に努めていたベトナム市場でも好調に推移し、のちヨーロッパへも進出した。

西木康雄がまとめたアフリカ市場の調査報告書(1957年)

1957年、のちに第4代社長となる西木康雄が自転車産業振興協会の委託海外市場調査員として、ケニア・ウガンダ・タンガニーカ(現・タンザニア)・モザンビークでの現地調査を行い、報告書をまとめた。東京・大阪で報告会が開かれた。アフリカ諸国ではイギリス製自転車が圧倒的なシェアを占め、イギリス車の補修交換部品の売り込みから始めなければならなかった。その後、日本製品の品質が認められるに伴い完成車の輸出も本格化していった。

  • 自動車課開設とAUTO PARTSカタログ作成
    (1958年)

    1955年にインドシナ向け自動車部品の取り扱いを開始して以来、順調に同製品の市場を開拓、1958年4月には新たに自動車課を開設した。当面の市場はベトナムを主とする東南アジアおよび中近東であったが、1958年には当社が取り扱う自動車部品を掲載した海外向けカタログを作成、市場開拓のツールとして活用した。このカタログを手に世界各地での営業活動を活発化させていった。

黄綬褒章を授与される荘司社長(1961年)

荘司茂樹社長は、長年自転車その他の輸出業務に従事し我が国の輸出復興に尽くした功績が認められ、黄綬褒章を受章した。また、池田勇人首相からは、長年にわたり輸出振興に尽力し顕著な功績を上げたことで感謝状が授与された。社員一同にとっても栄えある出来事であった。黄綬褒章受章を受け、当社は荘司社長夫妻を招き、祝賀会を盛大に開催した。祝賀会には役員・社員一同及び関係取引先二百数十社が出席した。

軽車両課開設とモーターサイクルカタログ作成(1962年)

モーターサイクル関連販売はさらなる拡大が予想されていたため、1962年、営業力の強化を目的に専門部署として軽車両課を設置し、体制を整えた。モーターサイクル関連は、北米大陸と中南米市域が堅調に維持されたうえ、主力輸出先であった沖縄、台湾に加えインドネシアやアフリカ向けが顕著な伸びを示した。モーターサイクルカタログを作成し、オーストラリア、ニュージーランド等への新市場開拓を図った。

  • タイの取引先HHP社代表HUA HONG氏(左から4人目)とMeng Limsuvan氏(左から3人目)来日(1963年)

    1962年、タイのHUA HONG REGISTERED(HHP社)との取引を開始、翌年社長一行が来日した。HHP社向けに自転車および付属部品の大半を積み出していたが、HHP社が自社ブランド品を販売し始め取引は減少した。HHP社との取引はタイでのビジネスを大きく成長させた。当社はバンコク事務所の開設、HHP社のMeng Limsuvan部長の入社、後には氏の子息と合弁会社を設立するなど強い絆が生まれた。

  • 荘司社長、生前の功績により正六位勲五等瑞宝章を受章(1963年)

    1963年11月、当社の創業者でもある荘司茂樹社長が心筋梗塞のため急逝した。享年64。1933年、大阪市に自転車関係の輸出業を行う東方貿易商会を設立。1944年には東方貿易を中核とする亜細亜自転車交易を設立、現在のアキボウの礎を築いた。戦中・戦後の混乱のなかでの関係機関への貢献や輸出への実績、また関係業界への貢献など生前の功績により、没後に正六位勲五等瑞宝章を受章した。

第2章 成長の時代1964-1976

Copyright (C) AKIBO corportion. All rights reserved.